アンゴラうさぎのブリーダーブログ Moja’s Rabbitry

神奈川県横浜市にあるイングリッシュアンゴラを専門にブリードしている小さなラビトリーです。うさぎさんの成長記録や販売情報をお伝えしています。

MENU

イングリッシュアンゴラとは

アンゴラウサギは全身を長い被毛で被われた長毛種のうさぎさんです🐰

被毛は毛織物の素材として使われますが、その可愛らしい姿から海外ではペットとしても人気♪

アメリカン・ラビット・ブリーダーズ・アソシエーション(ARBA)と呼ばれるラビットショーを主催している団体に公認されているアンゴラウサギは4種類

その中でもイングリッシュアンゴラは最も小さく、丸い頭に、タッセルと呼ばれる飾り毛が耳に生えていて、まるでぬいぐるみのようなうさぎさんです(*^^*)

 

性格もおっとりと優しく、懐っこいイングリッシュアンゴラ

大人になったときの大きさは2.5kgから3.5kgほど、ふわふわの長い被毛を持っていることから決して小さいうさぎではありません

因みに我が家のイングリッシュアンゴラちゃん達は少し小ぶりかもo(・x・)/

1番大きいポーちゃんが9ヶ月で2.2kgです

また、イングリッシュアンゴラちゃんは顔や耳毛が少なく、お猿さんのような顔の子が多いのですが、我が子達は顔も耳もフサフサ♪

そのためうちの子は特にすご〜くかわいいです❤︎親バカ(*≧∀≦*)スミマセン

サマーカットをしても顔の毛がしっかり生えているので貧相になりません🤚

プードルみたいに色んなカットを楽しんで頂きたいです

アフロっぽいふわふわうさぎを目指してブリードしています(*≧∀≦*)

 

アンゴラウサギの最大のメリットは他のウサギちゃんのように毛があまり抜けないこと!

意外なことにアンゴラは毛が伸びる種類のためか、抜け毛が少ないです

ただし被毛を美しく保つには毎日のお手入れが欠かせません!

日に1回コームで毛をといてあげると毛玉にならないですし、日々のお手入れも楽になります

そして毛が伸び続けるので定期的にカットが必要になります

被毛目的で飼育されているアンゴラちゃんは3、4ヶ月おきに毛刈りをするそうですが、我が家では月に何度か可愛く見えるようにチョキチョキしてあげています

 

また、他のうさぎより暑さに弱く、夏季の冷房は必須です

我が家のあんごらちゃんずは夏はサマーカットして24〜25℃の室内でお過ごし頂いております

 

手がかかる子ほど可愛い、という言葉がぴったりなイングリッシュアンゴラ

その魅力をブログを通してお伝えできれば光栄です(*^▽^*)